minori2322.png

『もしも』の時に・・・

その時は、突然訪れてきます。
悲しみも癒えないうちから、「お葬式」という儀式を進めていかなくてはなりません。

葬儀とは慣れているものでもありません。
さらに大切な人が亡くなったときというのは、大きな悲しみ・とまどいにも襲われます。そんな状況の中、様々な事を短期間かつ迅速に決定していかなければいけません。

事前に家族や親戚などと、決められる事や確認すべき事を相談しておきましょう。

ご葬儀のながれ

突然の悲しい出来事。ご遺族がやらなくてはならないことは沢山あります。
ここでは一般的な葬儀の流れをご紹介し、お葬式準備にお役立ていただければ幸いです。

ご逝去~ご安置

みのり会館へお車(寝台車)の手配を

看護師による大切な方のお体を拭き清めるエンゼルケア。
その間に当社へお電話をお願い致します。
すぐにお迎えの寝台車の手配をし、お迎えに伺います。
道路事情や距離にもよりますが、おおむね一時間程度にて到着できるようにご準備します。
深夜であっても、すぐに対応させていただきます。

※お電話で下記の内容をお伝えください。

ご連絡者様のお名前・故人様名・病院名、病室(病院で亡くなられた場合)
ご安置場所(ご自宅・みのり会館・その他)
電話番号 ・お迎えの時間 ・宗旨、宗派(お分かりの場合)


お迎えの寝台車には1~2名ご同乗いただけます。

◆医師より死亡診断書を受け取りましょう


大切な方の温もりを…

この時は生前の温もりがございますので、お顔や手に触れて差し上げてください。
その後お体の保全のために、ドライアイスをあてさせていただきます。



ご自宅にてご逝去された際、かかりつけのお医者様がいらっしゃる場合には、その先生にご連絡して下さい。

先生による診断後、正式に死亡確認をされた後に死亡診断書を発行していただきます。
かかりつけのお医者様がいらっしゃらない場合や急なご逝去の際には、119番で救急車を呼んで下さい。

駆けつけた救急隊員に確認していただきながら、その指示に従って下さい。その後、110番で警察にご連絡して下さい。

急なご逝去の場合などは、警察と監察医による検死が法律で義務付けられています。検死と必要な検査の後に、監察医より死体検案書が発行されます。
死体検案書と死亡診断書の効力は同一です。



お打ち合わせ

ご葬儀日程、内容の決め方

日程は、1.火葬場・斎場の予約状況、2.ご僧侶のご都合、3.ご家族様のご希望で決めます。
※法律で24時間経過後でないと火葬ができません。
内容は、宗派、人数、ご家族様に合った、ご葬儀のスタイル、ご予算でお決め下さい。
祭壇、返礼品、料理、棺などはカタログなどでご確認いただけます。
お見積りもその場で明確な内容で作成いたします。

諸手続き事項

◆死亡届に必要事項を記載します。
最寄りの役場にて死亡届の提出を行い(埋)火葬許可書を受け取ります
※当社にて代行も可能です。
※大切な方を亡くされたばかりで、お考えがまとまらないことも。
ご家族様で不明点があれば、説明の途中でもどんな事でもご質問下さい。

※大切なご葬儀の流れや内容を決めるお打ち合せは1~2時間位かかります。心身ともにとてもお疲れの時ですので、日程に余裕がある場合は、お打ち合わせの日時を変更できます。

※お通夜の斎場入りから、翌日の告別式、火葬を終えられてお帰りになるまでのタイムスケジュールをお渡しします。

ご葬儀の日程が決定次第、御親族等へ連絡しましょう

ご納棺

ご納棺をご家族皆様の手で

お通夜に先立ち、お体を人生最後にお休みになるお棺へとお納めする儀式です。
ご家族皆様でお手伝いされると、旅立たれた方もお喜びになるでしょう。
◆伝統的な白装束ではなく、その方らしいご愛用のお洋服へのお着替えもお手伝いさせていただきます。
◆火葬可能な物でしたら、思い出のお品も入れる事ができます。

湯灌の儀

長い入院で入浴できなかったので、最期にシャワーでさっぱりと綺麗にして、
久しぶりに会う方々に会わせてあげたいと、望まれるご家族様のために。
専用の浴槽とシャワーでお肌を見せることなくお洗いします。
※湯灌の儀は葬儀プランによりオプション設定でございます。

お通夜


16:00 斎場にて確認

ご供花・ご供物の並びなどをご確認ください。

17:00 受付開始

受付のご説明をさせていただきます。
式場内にてお通夜の流れや席次・焼香の作法などご説明をさせていただきます。
※事前に受付の方を決めておきましょう


18:00 通夜式開式

読経~焼香~喪主挨拶~閉式

19:00 通夜料理ご会食

通夜式終了後、会食室にて、ご遺族・ご親族様と、お亡くなりになられた方を偲ぶ
語らう大切な時間でもあります。
※一段落したら翌日の料理数や火葬場への供車等、参列者へお声掛けをし相談しておきましょう


20:00 ご宿泊の方を除きご帰宅


ご葬儀(告別式)

8:00 斎場にて最終確認

火葬場への供車・弔電順位・お料理数の確認等

9:00 受付開始

受付のご説明をさせていただきます。
式場内にてご葬儀の流れや席次・焼香の作法などご説明をさせていただきます。

10:00 葬儀・告別式開式

読経~焼香~喪主挨拶~閉式~告別式

◆儀礼儀式を通じて、最後の旅立ちのお見送り…
大切な方と儀礼儀式を通じてお別れをおこないます。
しっかりと皆さまのお別れをサポートいたします。
◆ご出棺の前に、思い出の品をお柩にお入れできます。
※金属が含まれているお品は、小さなメガネなどであれば火葬後に骨壺へ入れられます。

11:00 ご出棺

故人様を火葬場へお連れし荼毘に付します。
※火葬場到着後やお待ち頂いている間も、当社スタッフが常にお近くでサポートいたしますので、ご安心ください。


11:30 火葬場に到着

火葬中は休憩室にて軽食等を召し上がりながら(約1時間半)御拾骨までお待ちください。


13:30 ご拾骨・火葬場出発

ご拾骨後、斎場へお戻りいただき初七日法要を執り行います。

14:00 (初七日法要)・御食事

中陰壇にご遺骨、ご遺影を安置し、僧侶をお迎えしてお経をあげていただきます。

※本来初七日とは、故人様が亡くなってから7日目に法要を営む習慣でしたが、
遠隔地から見える親族の負担を配慮して、初七日法要は、葬儀当日、お骨上げ後に
行うことがおおくなりました。
※初七日法要の後に、最後までお付き合いいただいた方と精進落しの席を設けます。


16:00 ご帰宅・後飾り祭壇設置

ご納骨までの間、ご自宅に「ご遺骨」、「位牌」、「遺影写真」を後飾りの祭壇にご安置します。


ご帰骨

cd43a91f427beeede11129a33567a288.jpg

ご納骨までの間「ご遺骨」「位牌」「遺影写真」を後飾りの祭壇に設置させていただきます。
七七日忌(四十九日)までに黒塗りの位牌・お礼状、香典返しのご用意をします。
※宗派によって異なります。

葬儀後のサポートについて

flow_img05.jpg

みのり会館ではご葬儀後も、全てお手伝い致します。
お客様の様々な状況に応じたご提案を心掛けております。
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

事前相談について

開催日:毎日 午前9時~午後3時

★お願いがあります 
相談に足を運ばれるには勇気がいります・・・
とよく伺います。
そのお気持ちを乗り越えお時間を作って
お越しいただく方の為にきちんとじっくり
お時間をとりたいのであらかじめお電話
いただけると助かります。