minori2322.png

ご葬儀が終わってからもお任せください

忌明け法要までの大切な時間をできるだけ故人様と向き合っていただけるよう、ご当家様にかわって様々なお手伝いをさせていただいております。

少しでも皆様の悼みを癒すことができればと思っております。
ご葬儀後における疑問やご質問、ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。




葬儀後の手続き

minori-af.jpg

故人様の受給されていました年金や保険、その他名義変更など様々な手続きが発生いたします。
特に重要な書類等は必ず変更または解約しなければなりません。
市区町村や各事務局に提出する書類等のアドバイスや専門家の
ご紹介(初回相談費用無料)もさせていただきます。


香典返しの手配

minori-after1.jpg

◆仏式の場合

お返しの時期は忌明け法要を目安に発送されるのが一般的です。
四十九日(七七日)・三十五日(五七日)の忌明け法要を営むまでは「忌中・喪中」の期間であるからです。
喪に服している間はお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法にかなった答礼といえます。
ただし、最近では会社関係でまとめていただいた場合のごく簡単なお礼品や、葬儀でお手伝いいただいた方へなるべく早くお礼をしたい場合は、香典返しとは別に葬儀後ほどなく商品をお贈りされる方もいらっしゃいます。

◆キリスト教の場合

香典返しは日本独特のしきたりで、キリスト教には本来「香典返し」という習慣がないのですが、時期としては三十日祭の召天記念日後にお贈りされるのが一般的です。

◆神式の場合

神式の忌明けに相当するのは五十日祭です。香典返しはもともと仏式のしきたりなのですが、やはり仏式に準じた形でお贈りされています。


当社では、贈る時期や宗教などに合わせたお手伝いをさせて頂いております。
お気軽にご相談くださいませ。




位牌・仏壇の手配

img_01111.jpg

◆本位牌

葬儀に用いた白木の位牌は、一般に忌明け法要(膳上げ)にて本位牌と取り替えることが多くなっております。
初めて位牌を選ぶ時は仏壇の様式やサイズに合わせます。ご先祖様の位牌がある場合は大きさ、形などを参考にします。
本位牌の準備ができましたら、菩提寺に依頼し白木の位牌から精(魂)を抜き、本位牌に精(魂)を入れて戴きます。
(精を抜いた白木位牌は僧侶に処置をお願いします。)

◆仏壇

お仏壇は葬儀の後、家族による毎日のお参りをはじめ、命日の僧侶によるお勤め、法要など仏事のために仏壇はなくてはならないものです。
忌明け法要までにご用意されますと、後飾り壇を片付けた後のご供養に便利です。また、お仏壇の開眼供養も忌明け法要と同じ日に行うことができます。




墓地・墓石・納骨のご相談

minori-after4.jpg

遺骨の埋葬には、さまざまな方法があります。
墓地・霊園への埋葬、納骨堂などへの預骨など、ご事情に応じてお客様に適した埋葬のごあんない相談・お手伝いさせていただきます。

建立はもちろんの事、戒名彫刻、墓石の建て替え、移動も対応致します。


各種法要・祭事

minori-afterser2.jpg

ご家族様がお亡くなりになられて七日目の「初七日」、四十九日目に行う「満中陰(四十九日)法要」、1年目に当たる「一周忌」などの各種法要のサポートを行います。 その際に必要となるお料理やお酒、お供物などの準備も承りますので、どうぞご安心ください。


遺品整理

img_ihin.jpg

故人様の思い出の品物をまごころこめて整理させていただきます。

遺品処理/ハウスクリーニング/配送/消臭・消毒/リフォーム
遺品整理に関しては有料でのサービスとなってまいります。
料金に関しては、間取り・遺品の分量などによって変化してきます。